歯が抜けた・入れ歯が合わない【義歯・ブリッジ】

入れ歯が合わなくて困っていませんか?

入れ歯が合わなくて困っていませんか?

歯を失ったときの補綴(ほてつ)治療には、入れ歯・ブリッジインプラントという3つの治療法があります。その中でも、もっとも歴史があり、現在も多くの方がお選びになっているのが「入れ歯治療」です。

「入れ歯治療」は、歯型を採取して入れ歯を製作し、調整していくという手順で治療が進められるため、患者様の身体への負担が小さいというのが大きなメリットです。

自分に合った入れ歯を入れていますか?

自分に合った入れ歯を入れていますか?

入れ歯は、製作時にお口に合ったものを作るということも大切ですが、口腔内の状態は変化していくため、それに合わせて定期的に調整が必要です。自分に合わせて作ったはずの入れ歯が合わない、外れやすくなった、しっかり咬めないというお悩みをお持ちでしたら、一度調整をご検討ください。

東京都足立区の歯医者「秀デンタルクリニック」では入れ歯の製作はもとより、これまでお使いの入れ歯の調整・修理を行っています。他院でお作りになった入れ歯でも結構ですので、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

入れ歯のお手入れについて

入れ歯のお手入れについて

入れ歯は毎日の食事や会話で使うものですから、ご自身の歯と同じようにお手入れが欠かせません。といっても、天然歯をみがくのと同じ歯ブラシでお手入れするのは厳禁。細かな傷が生じ、そこへプラークや歯石が付着して細菌が増殖してしまいます。そうなると、粘膜の炎症や歯周病を悪化させ、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうことも考えられます。高温だと変形するおそれがありますので、熱湯に浸けての煮沸消毒などはおやめください。

入れ歯は専用のブラシでやさしく汚れを落とし、専用の入れ歯洗浄剤に浸けて消毒します。初めてお使いになる際には、担当スタッフから使い方をご説明しますので、不明点などあればお気軽におたずねください。

不十分なお手入れで起こるトラブル
  • 義歯性歯肉炎
  • 誤嚥性肺炎
  • 口臭の発生
  • 入れ歯への色素沈着・変色
  • 入れ歯への歯石沈着
  • 入れ歯が当たる部分が残った歯に虫歯や歯周病を引き起こす

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は健康保険適用で作ることもできれば、自費で作ることもできます。保険と自費で作る入れ歯の違いをしっかり理解して、ぴったり合う入れ歯作りのヒントとしてお役立てください。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材・構造 制限がある
(レジン床・金属バネ部分入れ歯)
さまざまな素材・構造から
好きなものを選べる
費用 安い 高い
治療期間 短い(早ければ1ヶ月で完成) 長い(選んだ素材・構造にもよる)
審美性 見た目が不自然 自然で美しいものが選べる
使用感 慣れるまで違和感がある
しっかり咬めない
自分に合ったものができる
硬いものもしっかり咬める
「秀デンタルクリニック」の取り扱い入れ歯
レジン床義歯 概要 保険適用で製作できる総入れ歯。素材は歯科用プラスチック(レジン)に制限される
レジン床義歯 メリット
  • 保険適用で安くできる
  • あらゆる症例に対応可能
  • 日本全国で修理・調整が可能
デメリット
  • 床に厚みがあるため違和感がある
  • しっかり咬みにくい
  • 食べ物の温度が感じにくい
  • 壊れやすい
ノンクラスプデンチャー 概要 クラスプ(金属バネ)のない部分入れ歯。特殊な樹脂で歯ぐきに吸着させる
ノンクラスプデンチャー メリット
  • 見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 金属を使用しないため金属アレルギーの心配がない
  • 軽く・薄く・負担が少ない部分入れ歯ができる
デメリット
  • 自費診療となるため高価
  • 熱に弱いため注意が必要
  • 汚れがつきやすい
  • 修理できないことが多い
シリコンデンチャー 概要 歯ぐきに当たる床部分にシリコンを使って吸着させる入れ歯。
シリコンデンチャー メリット
  • シリコンのクッション性で歯ぐきへの衝撃を緩和する
  • 痛みが出にくい
  • 吸着がよく外れにくい
デメリット
  • 自費診療となるため高価
  • 修理できないことが多い
金属床義歯 概要 歯ぐきに触れる床部分に金属を使った入れ歯。床が軽く薄く、熱伝導性が高い。
金属床義歯 メリット
  • あらゆる症例に対応可能
  • 食べ物の温度を感じやすい
  • 壊れにくく耐久性がある
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 自費診療となるため高価
  • 金属アレルギーがある場合は、素材を選ぶ必要がある
  • 壊れにくい反面、修理・調整が難しい

ブリッジという選択肢もあります

ブリッジという選択肢もあります

ブリッジは文字通り、歯が失われた部分に橋をかけるように人工歯を装着する治療法です。両隣の歯が健康であることが条件で、その歯を大きく削って支えとします。固定式で、装着時・使用時の違和感が入れ歯ほどありません。保険適用でも自費でも治療が可能で、インプラントや自費での入れ歯製作と比べ、比較的短期間で咬めるようになります。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 保険適用できるので安価に作れる
  • 治療期間が比較的短い
  • 装着時の違和感が少ない
  • 両隣の健康な歯を大きく削り、ダメージとなる
  • ブリッジをかける(支えとする)歯へ常に負担がかかり、長期的に歯の寿命を縮めてしまう

東京都足立区の歯医者「秀デンタルクリニック」では、歯を失ったときの治療法として、入れ歯・ブリッジのほか、先進治療であるインプラントにも対応しています。それぞれの特徴、メリット・デメリットを事前にしっかりご説明のうえ、患者様に最適な補綴治療をご提案します。失った歯をそのまま放置するとさまざまトラブルを引き起こします。歯を失ってしまったらお早めに当院へご相談ください。

入れ歯やブリッジではない新しい治療法についてはこちら 自分の歯のように咬みたい【インプラント】

入れ歯・ブリッジのご相談・ご予約・お問い合わせはこちら 秀デンタルクリニック 電話:03-6661-4182 平日 / 10:00~12:00 / 14:30~20:00 FAX:03-6661-4181 土曜・日曜 / 9:30~13:00 / 14:30~18:00 休診日:祝日