銀歯が気になる・歯を白くしたい【審美治療・ホワイトニング】

銀歯(人工歯)を白い素材にしたいなら審美治療

銀歯(人工歯)を白い素材にしたいなら審美治療

虫歯治療を保険診療で行うと、削った部分を補う人工物(歯科技工物)には、歯科用プラスチック(レジン)、もしくは、いわゆる銀歯(金銀パラジウム合金)しか使用できません。いずれも、経年で劣化が生じ、見た目によくないばかりか、身体への悪影響が指摘されています。

銀歯がおよぼすデメリットについて

保険適用で採用されている金銀パラジウム合金はそれ自体が有害というわけではなく、最低限度の安全水準をクリアしたものです。しかし、温度差や酸性にさらされる口腔内環境では、次第に劣化していきます。銀歯のデメリットには次のようなものがあります。

見た目が悪い・目立つ

白い健康な歯のなかに、銀歯があると金属の色が目立ってしまいます。

歯ぐきに黒ずみが生じる

銀歯は経年劣化で金属イオンが溶け出します。この金属イオンは歯ぐきに色素沈着し、黒ずみの原因となります。

金属アレルギーを引き起こす

溶け出した金属イオンは歯ぐきにのみ影響を与えるわけではありません。口腔粘膜から体内へ取り込まれると、金属アレルギーの原因となります。皮膚のかぶれや荒れ、倦怠感などのアレルギー症状は、歯に使用している金属が元凶であるということが少なくないのです。

東京都足立区の歯医者「秀デンタルクリニック」では、このようなデメリットを持つ銀歯を、より高品質な素材「セラミック」にする審美治療にも対応しています。審美性だけでなく、咬み合わせを考慮した機能性の改善へも配慮いたしますので、より健康的な口腔内環境の維持に役立ちます。銀歯が見えるのが嫌でつい笑顔が控えめになる、金属アレルギーの心配がある、審美素材に関心がある方は、当院へお気軽にご相談ください。

セラミックが優れている理由

セラミックとは陶材のことです。詰め物・被せ物・差し歯などに使われている銀歯をセラミックにすると、次のようなメリットがあります。

セラミックのメリット
メタルフリー 審美性 耐久性 健全性
金属を一切使用しないため、金属アレルギーや歯ぐきの黒ずみを引き起こしません。 陶材は天然歯に近い透明感と白さを実現します。色調を調整できるのも特長。 セラミックは強度に優れ、変色・劣化がありません。耐久性は、保険素材の比ではありません。 プラーク(歯垢)や歯石が付着しにくいため、虫歯歯周病を遠ざけます。

当院の取り扱い素材※価格はすべて税別です。

オールセラミック

オールセラミック

素材のすべてがセラミックでできた詰め物や被せ物。透明感・強度・耐久性に優れ、周囲の歯に合わせて白さを調整することもできます。金属不使用ですから、金属アレルギーの心配もありません。

被せ物:¥120,000
詰め物:¥  45,000

ジルコニア

ジルコニア

高い審美性と強度を持つ、現時点で最高品質のセラミックです。被せ物の内側に使用することで補強でき、被せ物の白さを損なわず、美しい見た目を実現します。なお、高い強度を誇りますが、金属は一切使用していません。

被せ物:¥150,000
詰め物:¥  60,000

メタルボンド

メタルボンド

被せ物(差し歯)のひとつで、内側に金属のフレームを設け、表面にセラミックを焼き付けた素材。強度と美しさを兼ね備えています。ただし、金属が使われているので、歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーのリスクはゼロではありません。

価格:\80,000

ファイバーコア

ァイバーコア

根管治療で歯の土台を作るときに、歯の根に立てるコア(芯)です。保険診療では金属製のコアが使われますが、破折するリスクがあり、見た目も黒ずむという欠点がありました。ファイバーコアは白い樹脂製で柔軟性があり、破折のおそれがありません。また、セラミックの光の透過を受けても透明感を損なわないのも大きなメリットです。

価格:\10,000

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削って、その上にセラミック製の薄い板を貼り付ける方法です。歯の隙間や軽度の歯列の乱れなどは、ラミネートベニアで改善できることがあります。ホワイトニングで白くならなかった方にもおすすめです。

価格:\70,000

天然歯を削らずに内側から白くするホワイトニング

天然歯を削らずに内側から白くするホワイトニング

人の天然歯は加齢とともに黄ばみが見えてくるものです。その原因は、エナメル質が薄くなり、下層の黄色味を帯びた象牙質が透けて見えることであったり、喫煙や飲食による着色汚れだったりします。そうした歯の黄ばみを、歯を削ることなく、内側から輝かせ白くする方法がホワイトニングです。

歯の黄ばみを白くするホワイトニング

ホワイトニングは、歯科先進国で歯の見た目への関心が非常に高いアメリカ生まれの施術です。専用の薬剤を浸透させて、歯を白くします。これまでは芸能人やモデル、スポーツ選手など、人前に出る職業の方が受けるものと思われていましたが、安全性も高く、手軽に歯を白くする方法として関心が高まっています。営業職や接客業、結婚式や就職活動などを控えた方が施術を希望されるケースが増えてきています。

ホワイトニングの方法※価格はすべて税別です。

東京都足立区の歯医者「秀デンタルクリニック」では、天然の歯の黄ばみが気になる方、歯の着色汚れが気になる方へホワイトニングをおすすめしています。ホワイトニングには、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと、ご自宅で自分のペースで行えるホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

比較的高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗り、特殊な光を当てることで、歯の表面を自然な白さにします。即効性があり、数回の施術で希望する白さが手に入りますが、再着色(後戻り)も早いため注意が必要です。すべて専門家の手に委ねて施術が受けられるので、手軽で安全な方法だといえます。

1本               :¥  2,000
16本(お口を開けて見える範囲):¥32,000

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

マウストレーに薬剤を注入し、歯に一定時間装着することでホワイトニング剤を浸透させます。歯科医院では、患者様の歯型から専用マウストレーを作成し、薬剤の取り扱い方法をご説明します。その後は、好きな時間に好きな場所でホワイトニングが行えます。低濃度の薬剤ですので、刺激も少ないのが特徴。白さを実感するには2週間ほど続ける必要がありますが、再着色(後戻り)が少なく、白さが持続します。

約2週間分:¥25,000~

ホワイトニングのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 黄ばんだ歯を白くできる
  • 歯を削ることなく白くできる
  • 審美治療と比較して治療費が安い
  • 比較的短時間で白くなる
  • どうしても再着色は起こる
  • 人工歯は白くならない
  • 体質・歯質によっては白くならない
  • 18歳未満・妊娠中・授乳中の方は受けられない

ホワイトニングをご希望の方にはきちんとご説明し、ご納得していただいてから施術いたしますので、お気軽にご相談ください。

歯を白くするご相談・お問い合わせはお気軽に
秀デンタルクリニック 電話:03-6661-4182	平日 / 10:00~12:00 / 14:30~20:00 FAX:03-6661-4181	土曜・日曜 / 9:30~13:00 / 14:30~18:00
休診日:祝日